以前作ったTriChatというチャットサービスが検索しても出てこないに気づきました

3ヶ月ほど前にチャットを作って開始したのですが、そもそも検索エンジン上で全く表示されないということが発覚しました。

 

作ったサイト

TriChat - どこかの誰かと3人でおしゃべりできるチャットサービス

 

名前はTriChatです。一応英語で検索するとトップに出てきます。

でも普通検索する時って日本語だよね

しかし人が何かサイトを検索する時って普通どうするでしょうか?多分日本語でgoogleなりyahooなりの検索欄に打ち込むことがほとんどだと思います。

 

なのでこれはもしや、と思い日本語読みで「トライチャット」と検索してみたところ、全く上位に表示されるどころか2ページ目3ページ目にすら表示されていないことが発覚しました。

 

他にも同じ名前のサイトがあるのであれば仕方がないと諦めがつくところなのですが、そんなサイトも特に見当たりませんでした。

 

家庭教師のトライのチャットだとかゼルダトライフォースとか、モンハンのtriのチャットがヒットするという始末です。

 

アルファベットでつけたサイト名がそのまま横文字になってインデックスもされると思ったのですが、どうやら勘違いだったようです。

 

そもそも”チャット”で検索しても出てこない

では”チャット”で検索するとどうだろうか?と思い、ググってみました。

 

いくら新参弱小な私のチャットサイトでも3ページ目か4ページ目くらいには出てくるだろう・・・、そう考えていたのですが認識が甘かったようです。実際には散々な結果でした。ググってもググっても出てきません。

 

単純に他のチャットサイトとの強弱の関係で上位に表示されないのだと思っていたのですが、5ページ目辺りになってチャットという文字がただ散見しているだけのブログなどがヒットした時点で諦めました。諦めると同時にある結論に至ります。

 

それはTriChatがそもそも検索エンジンにチャットとして認識されていないという結論です。

 

チャットを流行らせるのって難しい

チャットという名の実質的には掲示板系のサイトであればコンテンツの蓄積が容易なので時間が経過すれば自然とコンテンツが増え検索エンジンに認められ検索結果への露出を獲得していくことが可能なのですが、私が作ったTriChatはそういうタイプのサービスではありません。

 

その点チャットパッドはチャット自体での(一応掲示板はあるが)コンテンツの蓄積もないにも関わらず、チャットと検索すると1位に出てきます。改めてチャットパッドの強さを再認識しました。

 

ちなみにチャットで検索した時に出てくる他のサイトは基本的に掲示板型です。こちら側のチャットのほうが一般的で利用してもらいやすい形態なのかもしれません。

 

他に出てくる掲示板型でないものの場合はたいてい女性の方をカメラ越しで眺めながら会話を楽しむスタイルのものです。こちらも男性からのアクセスを集めやすい形態でしょう。

 

ここからもチャットパッドが一位に表示していることの凄さが解ると思います。

地道にいきます

一体どうやってチャットパッドがあのポジションにまで到達したのか把握するのが現状の課題のように思えます。

 

今のところギガジン砲の影響がやはり大きいのかな、と思いますがそこまでの資金力もないので地道になにか別の方法でチャットを利用してもらう方法を考えるしかなさそうです。

 

”チャット”のワードで検索して3ページ目辺りに出てくるようになりました。(2016年4月24現在)

当初はサービス名で検索しても全く出てこないという悲惨な状態でしたが、改めて確認したところ3ページ目辺りにはなんとか表示される様になりました。

 

「検索するとでてくるよ〜」と教えてださった方、ありがとうございました。

 

UIいじったりソーシャルボタン外したりしたのが良かったのか、それともチャット付属の掲示板がコンテンツとしてみなされてきたのかはわかりません。しかし現段階で一応チャットとして検索エンジンに認められたことに手応えを感じられたのでこの調子で地道に修正と改善を加えていくつもりでいます。